altemaの質感縮毛矯正についてご紹介いたします。

癖毛の方。ダメージがあるからと縮毛矯正を諦めていた方。広がる。うねる。まとまりが悪い。手触りが悪い。

そんな方にお勧めのメニューです。

 

予約する 24時間受け付けております

お問い合わせはこちら お気軽にご相談ください

[質感縮毛矯正]とは?

質感縮毛矯正とは、癖をしっかりと伸ばしながら、時間が経っても施術したてのような手触り、質感を持続させます。施術された部分については、他店で使用するカラーやパーマなどの薬液を使わない限りは継続して質感が矯正されます。

一般的な縮毛矯正と比べると、通常癖を伸ばすときは、アルカリ剤を基本的には使用します。回数を重ねるごとにダメージを蓄積させ、回数を重ねるごとに枝毛や切れ毛が増えていきます。

altemaではアルカリ剤の薬液は使用しません。それにより髪の毛にダメージを蓄積させません。

また、髪の状態をよりよくするために栄養を補いながら施術をするため、施術後の方が髪の状態が良くなることが多いです。

ストレートをかけたとは思えないほど自然で滑らかな仕上がりに。「自然なナチュラル仕上げ」「しっかり芯のあるような仕上げ」など、お客様の髪質とご要望に応じて仕上がりを調節いたします。

「縮毛矯正をかけるほどの癖でもないんだけど・・・」とお悩みの方は是非一度お試しください。癖が強くなくても質感縮毛矯正を行うことで日々に手入れが簡単になり、扱いやすくなります。

こんな方にオススメです

altemaでは、以下のようなお悩みを持つ方に質感縮毛矯正をご提案しています。

 

・縮毛やストレートのやりすぎでダメージが気になる。

・髪のハリ、コシがなく根元の立ち上がりが気になる。

・手触りが悪い。

・愛される艶髪になりたい。

・梅雨時期に髪がうねる。膨らむ。

・毎朝の手入れを楽にしたい。

 

髪のハリ・コシがなく根元の立ち上がりが気になる方

髪の毛が柔らかく、根元がペタッっとなりやすい方。逆に根元が膨らみやすい方。ダメージやもともとの髪質で癖が強くなってしまってる場合、質感縮毛矯正によりお悩みの大半は解消されます。

ハリ・コシが欲しい方は根元から立ち上がりが、膨らみやすい方は収まりが良くなります。

手触りが悪い方

髪にダメージが蓄積され、表面のキューティクルが損傷し手触りがザラザラしている方にもオススメです。

髪の内部補修をしつつ、表面のキューティクルを整えて施術をしていきますので、滑らかな手触りの艶髪に仕上げます。

 

愛される艶髪になりたい方

altemaでは、ダメージを最小限に抑えつつ、髪の毛に必要な栄養素を補うので、髪の毛の状態が安定し見た目印象が良くなります。

面が整うことで艶が出て、髪の毛が柔らかくなるので「髪の毛が綺麗だね。」と褒められるようになります。

 

梅雨時期に髪がうねる。膨らむ方

梅雨時期の湿気が気になる時期でも、癖を気にすることなく快適に過ごしていけます。

髪の毛内部の水分量が安定しますので、外的な要因で髪の水分量が定まらないなどの影響が少なくなり、髪がまとまらないなどの不安から解消されます。

 

毎朝の手入れを楽にしたい方

癖があると、強い、弱いにかかわらず毎朝寝癖と組み合わさってセットが大変!!そんな方にもオススメです。

乾かすだけで自然なまとまり、艶が出て、毎朝のセットが楽になり楽しくなります。

 

メリット

お客様の髪の状態に合わせて、薬や配合を変えております。ダメージを最小毛に抑えんながら、髪に栄養を補い丁寧に施術していきます。

これにより、髪にダメージを蓄積させずに縮毛矯正がかかり、まるで縮毛矯正をかけていないかのような艶やかな自然な髪に仕上がります。

他店で縮毛矯正を繰り返し、髪が酷く傷んでいて、ダメージが心配で縮毛矯正をかけるの諦めていた方も、【質感縮毛矯正】はオススメです。

 

質感縮毛矯正の施術の流れ

Before・カウンセリング

まず現在の髪の状態の解説です。それに合わせて適切な薬剤を用いて施術する為に、丁寧なカウンセリングで髪の状態をチックします。仕上がりを最高にするためにご質問もさせて頂き、これから髪に必要なことをお伝えしていきます。所要時間は30分~60分です。

不純物の除去・キューティクルを開く

髪の毛に付着している余計な不純物やシリコンを剥離剤を用いて除去していきます。その後、髪とほぼ同じ成分のとても髪と相性のいい特殊な温泉水を使い、必要最低限だけキューティクルを開いて栄養分が入りやすいようにします。

栄養補給

栄養補給

一人一人の髪の毛の状態に合わせた栄養分を補給していきます。髪の毛の状態に合わせて毎回使うものを選んでいき、低分子~中分子~高分子と髪の毛の穴を埋めて隙間をなくしていきます。

アイスアイロン

超音波アイロン・ストレートアイロン

栄養分を超浸透テクノロジーでナノレベルに霧化させ、髪の深層部まで素早く運び、濡れた状態でも可能なフィルム加工されたストレートアイロンの熱を使い栄養分を髪の毛に結合していきます。

縮毛矯正1剤塗布

髪の毛の状態に合ったストレート剤を選び、数回に分けて注入していき負担を最小限に抑えてかけていきます。約20分放置します。

シャンプー

シャンプー・1剤すすぎ

1剤がかかった後は、しっかりとシャンプー除去し、髪に残留させないようにします。その後、再び、不純物の除去・キューティクルを開く→栄養分の補給と繰り返します。

ドライ・アイロン

しっかりと乾かしていきます。適切な温度で、髪の毛に最小限の負担でアイロンをして癖を伸ばしていきます。

栄養分を閉じ込める・2剤塗布・アイスアイロン

髪の毛の内部に入れたトリートメントと癖を伸ばした髪の毛をしっかりと定着させていき、さらに髪の毛を強化させていき、より持ちを良くしていくために髪の毛を閉める薬剤を付けていきます。アイスアイロンを使い毛髪を氷点下に冷却コントロールし、不揃いになったキューティクルを急速収れんさせ、ダメージの進行を抑制し、しなやかでおさまりの良い毛髪にすることがで来ます。その後10分ほど放置します。

すすぎ&リラクゼーションヘッドスパ・アルカリ除去・水素岩塩

しっかりとすすぎ、地肌のマッサージをしていきます。頭皮の汚れをしっかりと落とし、固くなった頭皮をヘッドスパで緩めるながら同時に頭皮も保湿し柔らかくしていきます。アルカリに傾いた髪の毛をしっかりと弱酸性に戻して髪の毛を安定させます。またミネラル豊富な水素岩塩を用いて髪の毛の酸化を防いでいきます。

ドライ

ドライ・アイロン・仕上げ

洗い流さないキューティクル保護剤をつけて完全に乾かしていきます。仕上げにストレートアイロンを使い、髪の毛に熱を均一に伝えて栄養分を余すことなく結合させていき、アイロンの熱で発生する活性酸素の酸素を水素と結合させて水分に変えていき、髪の毛の内部に水分補給をして仕上げていきます。

ビフォーアフター・口コミ

癖とダメージの悩みが解決し、髪質が向上した一部お客様のビフォーアフターを紹介します。

かなえ様

お客様の仕上がり

お客様の感想

かなえ様

あきよ様

お客様の仕上がり

お客様の感想

あきよ様

 

➸お客様の美髪&感想と口コミ

 

料金と施術内容

質感縮毛矯正

44.000(税込)

(初回の方は上記金額より2.000円off)

4時間30分~5時間(初回)

〈メニューに含まれる施術〉

  • 質感縮毛矯正
  • トリートメント
  • カウンセリング
  • シャンプー
  • 頭皮環境改善プチヘッドスパ
  • セット&ブロー

〈アフターケア〉

  • 技術保障(無料)
  • LINE相談(無料)
  • ホームケア用、シャンプー、インバストリートメント、アウトバストリートメント

ただ今、オープニングキャンペーンにつき、初回の方に限り 20,000円!!

9月末までの期間限定になります。この機会に是非一度お試しください。

 

※このキャンペーンをご希望の方へのお願い。

当店の質感縮毛矯正を体験されたお客様の髪の毛のビフォー、アフターのお写真をお取りさせて頂ける方、また当社が用意した書式に口コミ投稿を了承して頂ける方のみのキャンペーンとさせて頂きます。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

予約する 24時間受け付けております

お問い合わせはこちら お気軽にご相談ください

 

よくあるご質問

質感縮毛矯正ってダメージがある髪の毛でもかけられますか?
はい。お客様の髪質や状態を見極めながら施術させて頂きます。プロの目と経験をもとに最善の方法を提案していきますのでご安心ください。癖は伸びても毛先などの痛みがひどい個所は、すぐにはキレイになれなくても、今現在の状態によって必要な期間は異なりますが、その後は髪質改善トリートメントを3ヶ月、半年と続けていくことで効果は出てきます。
いかにもかけたみたいな不自然な感じではなく自然な感じにしたいのですが?
髪質にもよりますが、質感縮毛矯正は従来のような硬い髪質にはなりにくいのでご安心ください。
他店で矯正をして固くピンピンになったのですが直りますか?
はい、直ります。他店の薬液がどの様なものかにもよりますが、残留している場合ですと、まずそちらを除去して質感縮毛矯正をさせて頂きますので、今までの矯正より柔らかく自然な仕上がりになります。
通常の縮毛矯正と何が違うのですか?
通常の癖を伸ばすだけの縮毛矯正と違うのは、仕上がりが縮毛矯正独特の硬い毛質にはなりません。また癖を伸ばしながら、髪質改善でも使用する薬剤を、前処理として使い施術によるダメージの緩和、中間処理とsしての使用で中和、後処理としての使用で残留してしまうダメージの元を除去いたします。