【日本橋小伝馬町サロンaltema】が教える自分に合シャンプーとは?

皆さんこんにちは。

皆さんシャンプーって何をお使いになりますか?

人から勧められたり、美容師さんから勧められたり、自分自身が使ってみたり等々…。

カウンセリングでもシャンプーについて説明させて頂いております。

なぜかと言うと、シャンプーに対して正しい知識がつくとシャンプー選びが分かるからです。

シャンプー選びがなぜ重要なのか?

なぜシャンプー選びが重要かと言いますと、自分の髪質や頭皮、目的にあっていないシャンプーを使っていると、様々なトラブルが出てきます。

  • 美容室ではうまく仕上がるけど家ではうまくまとまらない
  • トリートメントをやってもあまり持たない
  • 頭皮にかゆみを感じるようになる
  • フケが頻繁に出るようになる
  • 頭皮が脂性になりベタベタする
  • 頭皮が臭くなり匂いがするようになる
  • 頭皮が炎症を起こしやすくなる
  • 枝毛、切れ毛が多くなる
  • 髪に水分や保湿を維持しにくくなる

など「頭皮」と「髪」に必ず影響が出てきます。

毎日頭を洗いますよね?(洗わない人もいますが)
1日×1年=365回。

それだけのペースで髪にシャンプー(界面活性剤)を付けて擦るわけです。

毎日洗濯をされている方ならわかると思いますが、同じものを洗い続けると色も落ちるし生地も弱くなりますよね?
たった数回洗っただけなのに・・・

毎日家事でお茶碗を洗っていたら手が乾燥してきますよね?

そんな事を、私たちは無意識に髪と頭皮にやっています。

アミノ酸シャンプーの勧め

シャンプー選びがと言ってますが、基本的には【アミノ酸シャンプー】

がオススメです。

アミノ酸を洗浄成分としているのが、アミノ酸系シャンプーです。

特徴として、お肌と同じ弱酸性なので低刺激で優しい洗浄が可能です。
敏感肌だったりフケが多く出る人はこちらの方があいます。

見分け方は、成分表を確認します。
「ココイル」「コカミド」「ココアン」といった表記があればアミノ酸系のシャンプーです。

安価なシャンプーと比較すると値段は少し高価です。

洗浄力がとても強いシャンプー

石油系シャンプーやアルコールシャンプーです。

市販で最も多く販売されていて、
ドラッグストアなどで数多く並んでいます。

値段が安価です。

その為、敏感肌の人には強い刺激になり肌への影響があります。

肌トラブルが少ない方でも、洗い上がりは髪の毛がごわつきやすいので、まとまりにかけます。

見分け方は、成分表記のか所に「ラウリル硫酸」「ラウレウス類」という文字があれば、石油性系・アルコール系のシャンプーです。
髪や頭皮を改善していきたければ、アミノ酸系のシャンプーをお勧めしています。

美容室のシャンプーはアミノ酸系が多いです

美容室でオススメされるシャンプーの殆どがアミノ酸系シャンプーです。

アミノ酸系シャンプーは上記でも紹介した通り、弱酸性で仕上がるので肌と髪の状態と同じです。

使い続けてもアルコール系のシャンプーよりは痛みも少ないですし、頭皮への影響も少ないです。

なので、美容室のシャンプーは高いですが、市販のと比べると使ってみるとすぐわかると思います。

感覚を覚える

使ってみたときに、高いけどイマイチだった物などもあると思います。

逆に期待してなかってけど思った以上に良かったなど。

その感覚を覚えておきましょう。

美容師さんや友達が勧めるからといっても、結局のところ使ってみて、「調子がいいな!!」って、思うものが自分自身にあってるということです。

その感覚を大切にして、選んでいく事をお勧めします。

Follow me!