〇〇カラーは〇〇毛が切れやすいので要注意。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。
東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます
ご予約はLINE の方からがスムーズです。

はい、〇〇カラーは〇〇の毛が切れやすいので要注意。

とありますが、〇〇に入る言葉はなんだと思いますか?

これ〇〇って、なってますが文字数は2文字では無いです。

はい!!

答えは、インナーカラーは襟足の毛が切れやすいので要注意!!

って、ことです。

なんとなく分かりますよね?

インナーカラーとは、内側の髪の毛をブリーチなど明るくして、そこに色を入れるのですが、

入れる場所を気をつけないと、どえらいことになります!!

襟足にインナーカラーは要注意

これ!切れます。

もう、毛が細い人などはプチプチいきます。

特に今の時期は。

汗かくじゃないですか?

今年はクソ暑いですし、汗はかきますよね?

かかない人はちょっと関係ないかも知れませんが、襟足って汗かきやすいんですよ。

そんでもって結ぶと思うのですが、

ゴムで結んだ時に、ゴムと触れるところは髪の毛の外側に当たりますよね?

顔との縁とでもいいますか?

顔の縁って産毛が多いのですよ。

産毛は弱い

産毛って細いし切れやすいんですよ。

しかも汗かいて濡れると、髪の毛は弱くなるんで余計切れやすいです。

そんで暑いからと結ぶので、切れてしまうんですね。

しかもブリーチで抜いてる毛なんて、イチコロです…。

もう確実にやられます。

対策

なのでインナーカラーをやる時は、実は夏場はあまりやらずに避けた方が無難です。

冬にするとか、

「暑くても私絶対に結ばない!!」

って、よくわからない根拠があればいいのですが(笑)

夏場は危険です。

◎結び位置を日毎に変えたり、

◎こまめに汗を拭き取る

などしっかりと対策をしていきましょう。

ブリーチで抜いた髪の毛は、髪の中身がスカスカになってるので、ストローみたいな状態で非常に脆いです。

常にホームケアで髪の毛の中身を埋めて、外的な刺激に強い状態にしときましょう!!

Follow me!