無添加シャンプー=髪に優しいという思い込み

シャンプーなどの化粧品でも「無添加」というワードをよく見かけますよね?

シャンプーで無添加、といえばシリコンですね。いわゆる、ノンシリコン。

昔は、シリコンが入ってる物が市場に多くあり、中には安価なシリコンを大量に入れて、販売してるシャンプーがあり、

それで髪を洗うと、シリコンが髪に付着してしまい、いずれ髪の毛の根本付近から白い粉みたいに浮き出てくる。なんて事があり、いっとき問題になりました。

そんな事があり、ノンシリコンシャンプーっても物が流行るのですが…

シリコン=悪

みたいなイメージが強くなってしまったのが原因かと思うのですが、消してシリコンが悪いわけでは無いです。

シリコン入りシャンプー、今では別に悪くはない。

シリコンに至っては化学的に安定で、高熱にもpH(酸、アルカリ)にも化学変化をしません。つまり、無毒です。

また、今のシリコンに至っては殆どがメッシュ状のため毛穴に詰まるとか、キューティクルを剥がすといったこともありません。むしろ、キューティクルが損傷した箇所にキューティクルの代わりに載る、というのがシリコンの役割です。

何年も前に、シリコンは物によってはこんなに悪いんだぜー!!

みたいな事を書いた事もありましたが、今ではほとんど見かけなくなりました。

ダメージある髪はむしろシリコン入りシャンプーを使って。

髪が傷む事で、トリートメントをしたり、美容室でケアをしたりしますが、表面のキューティクルが損傷してると、すぐ中身が出てしまいます。

カラーや縮毛矯正を定期的にしてる方は、シリコン入りシャンプーの使用をススメます。

理由は、キューティクルが無いからです。

もしくは、キューティクルが開きまくってるからです。

カラーや縮毛矯正後の髪に、無添加シャンプーを使ってしまうと、物によっては洗浄力が強すぎてしまい、髪がきしんでしまい、シャンプーで傷むなんてことも。

自分の髪に合う物を使いましょう。

カラーの頻度が多い方や、年に何回も縮毛矯正をされてる方は、シリコン入りシャンプーで洗う方が向いてます。

髪を傷めない。

頭皮を傷めない。

汚れ・皮脂を適度に落とすが、必要以上に落とさない。

肌に浸透して悪さをしない。

などがシャンプー選びには大切です。

けして無添加シャンプーが悪い訳ではなく、髪の毛の状態に合うシャンプー選びが大切になってくるという事です。

Follow me!