トリートメントで髪が治るは嘘!?髪が綺麗になる2通りのやり方。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

いきなりですが、お家で髪の毛のケアをしていますか?

カラーやパーマの際に、

サロントリートメントをしてる方も多いと思います。

美容室で勧められたのでやってるという方が大半ではないかと思いますが、ご自宅でけあしてます?

さて、そこで皆さんは大きな勘違いをしているかもしれません。

それはどんなことかと言いますと…

トリートメントすると髪の毛が治る

こんな風に考えいませんか?

全てとは言いませんが大半のホームケアのトリートメントと言われてるものは、

『ほとんどのトリートメントは、内部に栄養を補給して、表面をコーティングしています。』

そう、表面をコーティングしてるのです。

別にコーティングが悪いわけではないのですが、やり過ぎるとカラーやパーマ施術の邪魔にさえなってしまうのです。

手触りがいい、ツヤツヤは皮膜です。(コーティング)

どれだけ髪の毛の中に栄養成分を入れても、お客様がわかるのは手触りが良いか悪いか。

つまり触った時にサラサラなのかシットリなのか?ぐらいなもんなんです!!

なので表面さえ整えて艶々にコーティングしてしまえばぶっちゃけ

「髪の毛が治った!!

って、皆さん大喜びするのです。

傷んできた(効果が落ちて来た)と錯覚する

本当はコーティングしていたものが取れて、本来の髪の毛の状態に戻ってるだけなのに、トリートメントの効果が取れて来たんだ!!と思うのです。(まぁコーティングが取れたので間違いではないですが)

トリートメントをすると

その時点が最高の仕上がり(表面的)
あとは それをどれだけ長持ちさせるのか?

という考え方になってます。

ただ、勘違いをして欲しくないのですがコーティングすることは悪いことではないです。

いくらいいトリートメントをして、髪の毛中に栄養素を入れたところでコーティングしないと抜けてしまうので、必要なものなのです。

本当に髪の毛を綺麗にしていくには

では、ホームケアで本当に髪の毛を綺麗にして行くにはどうすればいいのか?

必要な栄養素だけを入れて、コーティングが落ちて来たらサイド栄養素を入れてコーティングすると言うことを繰り返していくのです。

????

って、思いました?

意味わかんねーよ!!

コイツ!!

って、思いましたよね?

ここでやり方は2つに分かれます。

どっちが正解と言うことはなく、どちらも正解です。

毎日シャンプーで落ちる程度のコーティングをする

1つ目は毎日シャンプーしたら落ちる程度のコーティング(トリートメント)をするです。

トリートメントの効果を持たせる必要が無いと言う考え方です。

もの凄い持つコーティングをする事を悪しと考えてるので、毎日のシャンプーで落ちる程度のトリートメントをする。

そして、髪に余計なことは一切しない!!

すると、髪の毛本来の状態にいずれなるので、髪の毛そのものが綺麗になる!!

と言うもの。

と言う考え方もあります。

ちょっと前までこのやり方を推奨してましてが、ここ最近そうでもねーかも?

なんて思いまして(笑)

別に悪くないんだけど、これだとやたらと時間がかかるんですよね

めちゃくちゃ傷んでる髪の毛だと、全部綺麗になるまでなんか我慢しなきゃ行けないよう感じにさえ思ってしまうのです。

最終的に綺麗になりますが、これだとパーマやカラーしたらまた傷むじゃん!!って、思うので、

それらやらない!!

今後やらない!!

って、事ならいいと思いますが、なんかそれって難しいんじゃないかと…

サロントリートメントでなるべく持たせて、自宅での定期的なケアで綺麗を持続する尚且つ栄養素を結合させていく。

まぁ、これが髪質改善ということなんですが(altemaでは)

サロントリートメントをした時に栄養素をいれて、分子量の大きいのから順に入れて、最終的に小さいのを入れることで隙間なくギチギチに入ります。

なので出ていきにくい。

さらに髪の毛に結合させていくので、治るわけじゃないですが、髪の毛のダメージした穴埋めをします。

そしてご自宅ではトリートメントでコーティングします。

このコーティングもなるべく持たせるようなものをします。(別に悪いものではないですよ。)

なぜ持たせる必要があるのかと言いますと、髪の毛の中に入れた栄養素を全て髪に結合させるのに十分な時間が必要だからです。

洗ってすぐ取れただと意味ねーじゃん!!

になるからです。

なのでコーティングは持たせるようにします。

それを髪に悪い!!って、思う美容師さんもいます。

ファンデーションを塗りまくった肌って、本当に綺麗じゃないじゃん!!

みたいな…

ですが、癖毛の場合などどうでしょうか?

癖があることで髪の毛がうねり、バザバサに見えてしまうことが悩みで、

「縮毛矯正をすると髪が傷むからやめたほうがいいよ。」

って、言われて何もしないでいた髪の毛が果たして綺麗と言えるのでしょうか?

多少のダメージは髪の毛にかかりますが、必要最小限のダメージの縮毛矯正をやった方が見た目は綺麗になりませんか??

そして縮毛をした髪の毛はダメージが露天しないようにもちの良いトリートメントで定期的にコーティングするべきなのです。

そしたら艶々が持続しませんか??

カラーやパーマに支障がない程度のコーティングにすればいいのです。

髪を綺麗にしたいのです。

もちろんハリコシがなくなって来てしまった髪の毛に負担がかかるような施術は避けるべきですし、

そういう栄養素を今度は髪に入れて、結合するまで閉じ込めておけばいいのです。

髪の毛を今後どうしたいのか?

で、やるべき事を変えていけばいいのです。

髪の毛のダメージばかりをきにしてると結論として、

「じゃあ、なんもしなければいいじゃん!!」

になりますよね??

髪の毛が細くなってきても、外的に栄養素を入れる事をしなければ髪の毛そのもは傷まないかもしれませんが、別に太くハリコシのあるものも生えてきません。

なにかしらやらざるを得ないのです。

外的な施術髪の毛を綺麗にし、普段の食生活や手入れ方法で髪の毛を理想とする状態にしていくのがaltemaでの髪質改善です。

なので、どちらのやり方も取り入れてます。

どっちも正解なのですが、髪質、髪の毛の状態などなどを見極めて、最適な施術させて頂いております。

altemaの髪質改善、ご興味ある方は是非お試し下さい。

Follow me!