ドライヤーで髪の毛を傷めない乾かし方。【日本橋小伝馬町美容室altema】

皆さんこんにちは。

髪の毛を傷めないようにシャンプーやトリートメントにいくら気を使っても、ドライヤーで傷めてしまっては本末転倒です。

乾かす前にしたいこと

ドライヤー1つでも大きく変わってきます。

是非綺麗な髪の毛をつくる上でドライヤーが髪のダメージの原因にならないようにするためにも、必ず一読してください。

タオルドライをしっかりとやる

まず乾かす前にしたい事はしっかりとタオルドライをする事です。

ここで水分を出来る限りとっとけば、後のドライヤーの時間が全然違ってきます。

※タオルドライで気をつけて行きたいのが、髪の毛を擦りすぎてしまい摩擦で傷まないようにしましょう。

髪の毛を挟んでポンポン!!ってやる感じで。

タオルドライ時もコツとしては頭皮から水分を取りましょう。

それから毛先をポンポンと挟んで水分を取りましょう。

髪の毛を乾かす前に化粧水とかを付ける時にも、タオルターバンを使い、髪の毛に残ってる水分をタオルに吸収させておきましょう。

そこまですると、あとあとのドライヤーの速さが圧倒的に変わってきます。

洗い流さないトリートメントをつけよう。

洗い流さないトリートメントを必ずつけましょう。

髪の毛にトリートメント成分は勿論のこと、ドライヤーの熱からも髪の毛を守ってくれます。

根本から乾かしましょう

ドライヤーで乾かしていく時ですが、根本から乾かしましょう。

よく毛先から乾かしてしまう人がいますが、髪の毛は頭皮に近い方が多いので、根本を中心に乾かしていくと必然的に毛先は乾いて行きますが、毛先中心に乾かしてしまうと先に毛先が乾いてしまい、根本が乾かなくなってしまいます。

毛先は乾いているのに、根本が乾いていないからとドライヤーを当て続けると、毛先はオーバードライといって乾かし過ぎてしまい、傷む一方です。

ドライヤーを根本から乾かすコツとしては、ドライヤーを頭皮に垂直に向けて、しっかりと頭皮に熱を当てることです。

そして、ドライヤーをあまりふらないことです。

よく熱いからといってふりますが、熱が散漫になり効率が悪いです。

頭皮が暑いと感じたら場所を変えればいいので、必要以上にドライヤーは振らない方がはやく乾きます。

順番としては、後頭部が最も毛が多いので乾かすなら後頭部からがオススメです。

ただ、前髪が癖毛でわれたり跡がつくのが嫌な人は前髪から先に乾かして下さい。

そして、側頭部にいきます。

そして前髪です。

頭皮は完全に乾かして、毛先は8割

頭皮は濡れてると蒸れて臭くなります。

最悪カビてしまうので、しっかりと頭皮は乾かしましょう。

髪の毛はドライヤーで乾かしすぎは傷むので、全体の8割~9割程度に乾かした状態がベストです。

ドライヤーの向きは上から下

綺麗な髪の毛を作る上で、ドライヤーの風の向きは上から下に向けて当てて行きましょう。

髪の毛にはキューティクルがあるので、下から上に当ててしまうと、キューティクルが開いてしまいバザバサになります。

キューティクルの面を整えて行くためにも、髪の毛を乾かす過程で面を整えて艶を出して行きましょう。

まとめ

わりたいと思います。

  • タオルドライは入念に
  • 乾かす前にアウトバストリートメントはつける
  • 乾かす順番は地肌から
  • 後頭部(前髪の場合もある)側面、前頭部の順番に乾かして、毛先は最後
  • 頭皮はしっかりと乾かして、髪は8割~9割でOK
  • 髪を乾かす時は上から風を送る

以上のことを意識してみて乾かしてみて下さい。

ぜひ面倒くさがらずに取り入れてみてくださいね。

Follow me!