【髪質改善】縮毛矯正が原因でパサつく髪になる??

皆さんこんにちは。

先日、お客様から当店にこのような問い合わせを頂きました。

「以前。縮毛矯正をかけたのですが、根元の癖は伸びたが、時間が経ってから毛先のパサつきが気になるのですが、矯正を再びした方がいいのか?」

と、いった内容のご連絡を頂き、髪の毛を確認させて頂きました。

確かに根元は収まりがいいですが、毛先にかけて広がってます。

縮毛矯正の薬剤が残留していると起こる現象

よくある事例なのですが、

以前にかけた縮毛矯正の薬剤が残留していると、それがダメージとなり、再び縮毛矯正のする際にダメージを考慮して伸びてきたところだけを縮毛矯正をかけると、

根元は新しい毛なのでダメージがないので綺麗に伸びるのですが、毛先はその場しのぎの前処理トリートメントとかで凌ぐやり方をやるとこんな風になります。

本来は毛先まではやらない

縮毛矯正は、美容室の施術の中でもダメージが大きいメニューですので、根元だけ(新しく伸びてきたところ)をやるのがセオリーです。

ですが、毛先はほっとくしか方法がないのか?

と言うとそうでもありません。

解決方法

以前にかけた縮毛矯正の薬剤のダメージとなるものを取らないといけないので、

当店では、岩塩を使います。

岩塩は、残留している薬剤の除去、軽減をしてくれます。

そして、毛先はアルカリフリーの優しい薬で再びかけます。勿論毛先は髪質改善メニューでも取り入れる栄養素をふんだんに入れながらやります。

結果

綺麗に毛先まで収まり良くなりました。

髪質改善と違い、質感縮毛矯正をやりましたので、洗っても癖などがでたりしません。

ご自宅で髪の毛洗っても、乾かせば同じように仕上がります。

縮毛矯正をしたいけどダメージや、縮毛矯正したのにとれちゃった方、ぜひご相談ください。

Follow me!