美容室で『今日は髪を洗わないで下さい』と言われたけど、実際に髪は本当に洗わない方がいいの?

皆さんこんにちは。

 

美容室でよく施術後とかに決まり文句のごとくいわれるフレーズとして、

「今日は髪を洗わないでください」

と言われたことが誰しもが一度は必ずあると思います。

カラーした日や、縮毛矯正、トリートメントを施術した日などに言われがちですが、実際のところどうなのよ。って思ったことは無いですか?

美容室で施術すると、なぜその日は「髪を洗わないでください。」と言われるか?

 

 

多くの場合、髪を洗うことで取れてします可能性があることから言ってるのですが、実際に髪を洗っても、よほどのことがない限り普通の髪の毛の状態であれば完全に取れたりしません。

 

だって、カラーした直後や、縮毛矯正やパーマした時に、美容室でそもそもシャンプーしたり、髪濡らしてるじゃん(笑)

 

 

ではなぜ言われるのか?ってことなんですが、

カラーや、パーマ、縮毛矯正、トリートメントなどをした髪の毛は、施術直後から酸化といって、髪が空気に触れることで酸化が僅かでも始まります。

 

 

色んな方法で、この酸化を早めたり色々あるのですが、ここは省略します。

 

 

髪は弱酸性なので、美容室で施術すると、ほとんどの場合アルカリ性に傾くのですが、これを空気に触れて自然に酸化させます。

すると、また髪の毛は弱酸性に戻るのですが、

空気酸化が終わってない状態で髪を洗うと、髪の毛のキューティクルが開くので、カラーやトリートメントなどが出てしまうからです。

 

ですが、ほとんどの場合、まっったく変わりません。(髪の毛の状態によりますが)

もし、それで髪の色が取れてしまったり、縮毛矯正の場合クセが戻るのであれば、次の日に洗っても取れます(笑)

 

 

トリートメントは取れてもせいぜい1割

 

トリートメントなどの場合取れるといってもせいぜい1割程度です。

髪の毛の栄養分を持たせたいのであれば、その日は髪の毛は洗わない方がいいかとは思います。

 

 

 

カラーはキューティクルの枚数がものをいう

 

カラーがすぐに色落ちてしまう方は、髪の毛が傷んでることや、髪を染めた直後にすぐ洗うなどのことが挙げられますが、

キューティクルの枚数の差があります

 

髪の毛のキューティクルの枚数が多い方は、カラーした直後でも髪の毛を洗ってもそこまで色落ちしません。

 

逆に、カラーと同時にトリートメントもして、その日はシャンプーしなくても、キューティクルの枚数が少ない人はすぐに色落ちします。

 

 

ダメージしている髪の毛で、キューティクルの枚数が少ないと色落ちが激しいということです。

 

 

髪か頭皮か、どちらを優先するかを考えよう

もうすぐ梅雨明けですが、

汗をかいた場合は毛穴が詰まってしまいますので、その場合は髪の毛を洗いましょう。

夏場は汗かいたら毛穴は清潔にしとく方が、抜け毛や白髪の抑制につながります。

 

確かにトリートメントやカラーなどを施術した場合、少しでも効果を持たせたいですが、

汗かいたのにそのまま寝る方が、頭皮に塩が詰まるので頭皮環境が悪化してしまいます。

 

すると、髪の毛自体が細く弱くなるので、本末転倒ですよね?

 

ハリコシや、白髪、薄毛などを解消を優先するのであれば、髪は美容室帰りでも汗かいたのであれば、その日は洗いましょう。

そんで、すぐ乾かしましょう。

 

その日は、「髪の毛洗うのめんどくさい!」、「髪の毛、乾かすのめんどくさいから美容室行った日は洗いたくない!」

という方は無理に洗わなくてもいいと思います。

 

その代わり、朝洗うとかはやめましょう。

 

朝洗うのを習慣化してしまうと、頭皮のタンオーバーが乱れるので、髪の毛は夜一回洗うようにし、必ず乾かして寝る。

そこは守りましょう。

 

せっかく髪の毛をケアしても、朝方に髪を洗うことで台無しになるといっても過言ではありません。

 

もし、美容室帰りに髪を洗わないのであれば、次の日の夜に髪を洗うようにしましょう。

Follow me!