髪質改善トリートメントとカラーも同時に行う事でメリット多数です。

初めての方は驚かれるかもしれませんが、

当店ではセットメニューしかなく、しかも3つしかメニューはありません。

どのメニューも、カットもカラーもトリートメントもやるようになってますが、これにはとても深い深い海より深い意味があります。

なぜ単品ではなくフルコースでの提案なのか?

って思いますよね?

実はオープン当初はメニューは単品も置いてありました。というかトリートメントのみでもやろうと考えてました。(流石にそれはないか?って思って複数置いてましたけど)

でも、よくよく考えたらセットメニューにした方がメリットがあるし、やりたい事が明白なので、考え方を改めて、そのうちセットメニューだけになりました。

カットに関しては、トリートメントだけだとどうしても毛先を少し整えたい場合など対応が難しいので、

髪の毛を綺麗にするには、カット絶対必要だろう。という考えに至ったからです。

で、今回はカラーはなぜトリートメントとセットにしないといけないのか?というお話しです♪

カラーする前と後に処理をしないと髪の毛が傷むため

カラーは普通に染めると、頭皮や髪の毛に対してダメージを与えてしまう薬液を使うので、それらをしないために保護したり、ダメージしたものを補ったりします。

なんとなく、カラーすると傷むからトリートメントを一緒する人も多いのではないかと思います。

カラーは頭皮に対しては、白髪を増やしたり、薄毛になりやすくする原因みたいなものなんで、普通に染めるとデメリットだらけなんです。

ですので、カラーと同時に前処理や後処理って絶対に必要なんですよー。

そこで大切なんですが、当店ではそのことをトリートメントと表現してます。

カラーで傷ませないためにトリートメントをする。は正解ですが、傷ませない為に前処理をする。髪に残留させない為に後処理をする。=トリートメント。

これらをカラー+トリートメントという形でセットメニューにしております。

カラー+トリートメントってなってますが、カラーメントみたいな感じ?最近でいう髪質改善カラーみたいな感じだと思って下さい(笑)

分かりやすくカラーと+トリートメントみたいになってますが、

もうカラーしたら前処理やら中間処理やら後処理やらをしないと、傷むし禿げるし白髪増えるし…

絶対必要だろ!

って事でトリートメントはカラーとセットメニューになってるんですねー。

カラーをしたら必ずその残留物を取り除がないと髪の毛は傷むだけなんです。

なので、従来のようなトリートメントをカラー直後にしてしまうと傷み続ける原因になってしまいます。

以前こんな記事も書いてみましてので、その辺の詳しい事が載ってます。

まとめ

結局のところ、当店ではカラーって言ったら

前処理と中間処理と後処理をトリートメントでしながら染めるってことです。

だから同時進行になるんですね。

カラーしてから、別ですがトリートメントをしてしまうと髪の毛や頭皮がトリートメントによって傷んでしまう。

という、ちょっとややこし話なんですが…

そういう事です(笑)

Follow me!