櫛でとかすと髪は傷む?髪が傷まない櫛の使い方とは?

はい、髪の毛の伸びるスピードが尋常じゃない私ですが、一般的に髪の毛は1ヶ月で約1.3センチほど伸びると言われてます。

個人的には2センチは伸びてるのでは?と思うぐらい早く伸びてる感じします。

だいたいいつもロン毛になってしまい、

夏になるとサファーみたいになるので、

よくお客さんに、

「どこの海がオススメですか?」

なんて聞かれるのですが、

イヤイヤ…、やった事すらないですし、そもそも海行かないし…。

髪の毛が早く伸びる人はスケベなんて言われてますが、ムッツリよりオープンスケベなんで、どうなんですかね??

そんなオープンスケベも、髪の毛が伸びてくると絡まったり、乾かすのがめんどくさい時に、櫛で髪の毛をとかしてから乾かすこともあるのですが、

この髪をとかす。という行為、皆さんはやりますか?

実はこれ、とかしかたが存在します。

無理やりとかしたりしてると、髪の毛はとかす摩擦で傷むので、正しいやり方をマスターしましょう。

子供の髪の毛を束ねたりする時にキツキツで、子供の顔が、グォーってなってる場合、髪の毛が切れてるかもしれませんので、ほどほどにしましょうね。(痛いし)

コームは寝かせずに立たせよう!!

ブラシを使ってる場合は、ブラシで良いのですが、コームを使ってとかす場合は、歯を寝かせてやると毛先にいくに連れて髪が詰まります。

そんで、ガッ、ガッ!!って、やるもんですから髪が傷むのです。

ここで、よく引っかかるのは髪の毛が傷んでるから仕方ないと思い込んでる人の為に、

別に傷んでなくても引っかかる時は引っかかるので、子供の髪の毛が引っかかるのは、傷んでるからとかじゃないですからね。

髪の毛のキューティクルの枚数が少なくて、引っかかるだけなんで、無理やりとかすのはやめましょう。

また、髪に引っかかるのは、コームを寝かせてしまうから引っかかるのです。

普通に髪の毛をとかすと、コームは髪に対して食い込む形になります。コームの根本の方まで髪が食い込むから、途中で髪がつれてしまい引っかかるのです。

コームは頭皮に対して垂直に入れる。

普通にとかすと、髪が根本の方に詰まるので、一回で髪をとかすのはよほどの艶髪にならないと難しいので、コームの歯は頭皮に対して立てる感じでやりましょう。

すると、髪の毛はコームの刃先にしか行かないので、詰まりにくくなります。

頭皮に対して常にコームを立ててやるだけで、髪は絡まりにくくなるのです。

髪はとかすと傷む

髪は乾いてる時にとかすと摩擦が起きて、乾燥してしまい傷みます。

濡れてる時にとかすと、髪が伸びてしまい切れやすくなります。

ただ絡まってる状態で髪を乾かしたりする時は、とかしてから乾かした方が乾くのは早くなりますし、

トリートメントやアウトバスをつけた上から髪をとかす分には、トリートメントなどが髪全体に行き渡りムラがなくなります。

乾いてる状態でとかす時は、あまり無いような感じもしますが、シャンプーする前とかにとかすと汚れがある程度浮き上がり、シャンプーする時に楽になる。

言われてますが、別にやらなくてもいいかなぁ?って思います。そ

それよりも髪が濡れてる状態で、とかす事で、絡まりを無くし、その後のドライヤー操作が楽になります。た

たまに、髪を乾かしながらとかす人もいますが、傷みやすくなるので、とかしてから乾かしたほうが合理的です。

動画でも解説してるので、そちらも是非ご視聴下さい。

Follow me!