髪にやりがちな負担をかけてしまうヘアケア。【日本橋小伝馬町サロンaltema】

皆さんこんにちは。

皆さんはご自宅でのヘアケア方法が、正しいのか正しくないのか分かりますか?

今回は、ついついやってしまう間違ったお手入れ方法をかいてみました。

多くの方がやられている間違っている方法です。

ご自身でもやっていないか要チェックです。

実は間違えのヘアケア方法

  • 2回以上シャンプーをしている
  • ごしごしと擦り洗う
  • トリートメントを頭皮につけている
  • 濡れてる髪の毛をタオルで拭くときにゴシゴシと擦る
  • 髪の毛を乾かさずにそのまま寝る

どうでしょうか?

思い当たる節はないですか?

よくやりがちなのが、濡れた髪の毛をそのまんまにしてしまう事です。

なかなかすぐに乾かすのが難しいのも分かりますが、出来れば髪の毛の為には優先して欲しいことでもあります。

自然乾燥でもいいのでは?

なんて思うかもしれませんが、自然乾燥だと髪の毛の表面のキューティクルが閉じずに、バサバサのまんま乾いてしまいます。すると、髪がこすれ合い痛む原因になります。

頭皮も濡れたままになるので、雑菌が繁殖しやすくなります。
これは抜け毛の原因に直結するので気を付けてください。

あとは、夏場に2回頭を洗う人!!

これも洗い過ぎは頭皮に負担がかかります。24時間に一回のペースを守りましょう。

朝起きて洗って夜も寝る前に洗う。

気持ちは分かりますが洗い過ぎです。

その時に注意したいのが、ゴシゴシとこすり洗いをすることです。

髪にも頭皮にも影響があります。

髪の毛は濡れてる時が最も痛みやすい状態なので、外からの力が加わると直ぐに切れたりして枝毛になってしまいます。

頭皮も必要以上に擦ると角質を取り過ぎてしまい、必要な毛までとってしまいます。

ですので、頭皮と髪の毛はよく泡だてて揉むように洗いましょう。

次に気をつけたいのが、頭皮にもトリートメントをつけてしまうことです。

髪の毛の短い人に多いですが、トリートメントは髪の毛のみに付けるものです。

頭皮につけると必要以上の油分が付着し、頭皮に負担をかけます。
時間が経つと、汗と混じり、頭皮の状態がベタベタしてくる状態も頻繁に起きます。

最後にタオルドライの時に気をつけたいのが、ゴシゴシと髪の毛や頭皮を拭くことです。

濡れてる髪の毛は擦る力や引っ張る力に対してとても弱いので、泡がない分、丁寧にポンポンと叩くように水気をとりましょう。

濡れてる髪の毛は圧力に強いのでポンポンとする方が髪に対して優しいです。

結果が保証されてる公式に従う事が艶髪への近道

ヘアケア方法は、実は正しいやり方が決まってます。

オリジナルのやり方で間違っているといつまで経っても髪な毛は良くなりはしません。

是非とも「正しいやり方」を身につけて、徐々に改善して美しい艶髪へ目指しましょう!!

Follow me!