エイジング毛に悩み始めたら髪質改善で年齢に負けない毛にしましょう。

皆さんこんにちは。

お客様のお悩みで、ここ最近なんかよく聞くお悩みがあります。

エイジング毛が気になるんだけど…

はい!!

これ本当多いです。

エイジング毛とは?

【質感縮毛矯正】エイジング毛でお悩みの方にオススメです。

エイジング毛については上のリンク先で詳しく書いてあるので是非読んでみてください。

 

平たく言うと、年齢による髪の毛の変化(低下)です。

一本の髪の毛が細かくウネウネし、なんだか傷んでるように見えるし、多くなると広がってまとまりのない髪の毛になる事を言います。

 

「なんだ!!年齢によるものならしょうがないか・・・。」

 

って諦める方が非常に多いのですが、あがらっていきませんか?

 

年齢による髪の毛の低下を食い止めるあがらい方

もちろん、当店で髪質改善で通っていただけるのが一番手っ取り早いのですが(笑)、それだけじゃなくご自宅でのケア方法も大切ですので、今回はご自宅でのケア方法をご紹介いたします。

 

  1. 頭皮を洗うときは上に持ち上げるように洗うべし!
  2. 頭皮の乾燥に気を付けるべし!
  3. 白髪染めも頻度とやり方を考えるべし!

 

まず、「頭皮を洗うときは上に持ち上げるように洗うべし!」

ですが、

髪の毛を洗う時は、若いときはいいですが年齢を重ねた頭皮は下がってきているので、もうゴシゴシと気合を込めて洗うのはやめましょう。頭頂部が乾燥してしまい、頭頂部はツッパリ、よけいに耳回り襟足に皮膚がたるんでしまいます。

皮膚を頭頂部に向かって持ち上げるように洗いましょう。

皮膚を動かすような感じです。

 

「頭皮の乾燥に気を付けるべし!」

ですが、よくやってしまいがちですがやめましょう。

だめ絶対!!

自然乾燥

これは髪の毛が傷むのは勿論のこと、頭皮が湿気で生乾きになり臭くなります。

それだけで頭皮環境はドンドン悪化してしまい、頭皮年齢も進行してしまいますので、髪の毛は絶対に乾かしてから寝ましょう。

 

「白髪染めも頻度とやり方を考えるべし!」

頻繁にカラーを繰り返すと、やはり頭皮に負担は増えてしまいます。

白髪染めなど特に気を付けたいですね。

ですが、染めないわけにもいかないので、頻繁に染める方は必ず美容室で保護オイルをつけてもらいましょう。

頭皮が敏感で、沁みてしまうからつけるケースがほとんどですが、アレルギーや頭皮の感想は蓄積することで起こるので、今は平気でも頻繁に繰り返すことで確実に頭皮に負担は大きくなり、固い頭皮になるので保護オイルはつけてもらいましょう。

皮膚は下がるが上げることもできる。

年齢より誰しもが皮膚が下がりますが、わざわざ進行を加速させることはないですよね?

ここにはないことでも、たくさん気を付けることはありますが、まずは、頭皮を乾燥させないことを意識してみると色々と気を付けることができると思います

リラクゼーションでヘッドスパっていうイメージがありますが、垂れ下がってきた頭皮には、定期的なヘッドスパも有効ではあります。(時間かかるけど)

土壌(頭皮)の環境を整え、乾燥してしまった髪の毛には、保湿と栄養を補っていけば必ず年齢に負けない髪の毛は作れます。

諦めないで行きましょう!!

Follow me!