髪質改善と縮毛矯正どっちをした方がいいですか?の質問に対して。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

先日このようなご質問を頂きました。

「癖があるのですがダメージも気になってて、髪質改善トリートメントのメニューか質感縮毛矯正のどっちを選んでいいのか迷ってます。」

はい、有難う御座います。

これはですね結論からお話しますと、

質感縮毛矯正

です。

癖が原因でうねる。パサつく。広がる。まず先に癖を伸ばした方が手っ取り早い。

ダメージでパサつく、指通りが悪いとかですと、髪質改善トリートメントでいいのですが、

癖が原因で、広がる、パサつく、指通りが悪い。ですと、癖を取らない限りはそれらは改善するのは難しいです。

癖が原因かを考える

髪の毛の悩みの素が、ダメージによるものか?癖によるものか?

を考えます。

癖が原因だったら、髪質改善トリートメントでは癖はある程度は伸びますが、質感縮毛矯正の方が得られるメリットが大きいです。

※当店では縮毛矯正を質感縮毛矯正と言ってます。

質感縮毛矯正をオススメする方

癖が原因による髪の悩みの方です。

よく、癖もダメージもどっちもなんです。

って方がいますが、そういう場合の『質感縮毛矯正』というメニューなので、ダメージも癖も両方気になる場合は、質感縮毛矯正です。

ダメージが心配だから髪質改善の方がいいのではないか?

はい、よく分かります。

縮毛矯正はダメージが心配ですね。

過去に縮毛矯正されて傷んでしまったのが原因かと思います。

確かに縮毛矯正というメニューは美容室の施術メニューの中でも、傷むし癖が伸びないし、という最も難しいメニューとして君臨してます。(個人的にはブリーチとかやる方が嫌だけど…)

ぶっちゃっけダメージレスですとはいかないです。

ダメージレスなんて代物が有れば使ってみたいです。本当。

ダメージは必ずかかります。

極小でもかかります。

当店では、まず薬液を塗布する前に前処理として髪の毛の内部に髪質改善でも使うトリートメントを散布します。

その上から縮毛矯正の薬をつけます。

そして、中間処理としても髪質改善のトリートメントをつけます。

さらには、縮毛矯正の薬が残らないようにしっかりと後処理として薬液を除去します。

なので、髪質改善しながら縮毛矯正がかけられるのです。

髪質改善を数回行うよりも、質感縮毛矯正を一回やった方が結果として癖も伸びますし、髪質も改善されます。

もちろん、今後ダメージをさせないように定期的にメンテナンスで髪質改善トリートメントをオススメします。

ダメージが心配。でも癖伸ばしたい。

そんな方にオススメな質感縮毛矯正

気になる方は是非お問い合わせお待ちしております。

Follow me!