髪の毛のダメージは蓄積型である。今は大丈夫だけど今後は大丈夫という保証はない。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。
東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます
ご予約はLINE の方からがスムーズです。

altemaにご来店のお客様で、

初回の方はカウンセリングで髪の毛の履歴をしつこく聞きます。

「もう、覚えてねーよ!!」

ってぐらい髪の毛の履歴について聞きますので、嫌にならないで下さいね(笑)

まぁ、半分冗談ですけど、髪の毛の履歴に覚えてる範囲で結構ですのでお聞かせ下さい。

過去施術からのダメージの原因を探る

髪の毛が傷むには理由が必ずあります。

特別何もしてない人も傷むのはなんかしらの原因があるからです。

ただ多くの方は自覚してないことが多いので、

「なぜ傷んだのか?」

を探ります。

『見た目はチャラ男!!頭脳は大人!!』

名探偵の登場です。

まぁ、過去の履歴をきくだけなんですけどね。

髪の毛は履歴が残る物なんです。

過去になにをやったのか??

が、ダメージの原因になるので、それを探ることで、分析と今後の対策が打てます。

皮膚とかと違って、損傷してもほっといても治らないので履歴を探れるのです。

ダメージの最大の原因は美容室の施術

こういうこと言うとショックかも知れませんが、ダメージの大半は美容室の施術によるものです。

パーマやカラーを繰り返すことで髪の毛は傷みます。(家でやるものも含みます)

毎日のアイロンや、プールやジム通いなどでも傷みますが、気になるほどのものでもないので大したことないです。

明らかにダメージしたり、

からまる、引っかかって抜ける。硬い。枝毛、膨らむ。パサつく…

あげればキリがないですが、基本的には髪の毛のダメージは美容室の施術(カラーやパーマ)によるものと断言してもいいです。

ですので、何をやってから気になるようになったのか??を知りたいのです。

デジタルパーマの上からホームカラー

前置きが長くなりましたが、上のお写真をご覧ください。

あまり出てないですが、デジタルパーマかかかってます。

かかってます。と、言ってますが厳密にはかかってないです。とれてますね(笑)

かけた履歴があると言うことです。

まあ、それはいいとして、デジタルパーマはホット系のパーマと言われており、髪の毛に熱を加えてかけていきます。

形状記憶するので、スタイリングがやりやすくなるのが特徴です。

デジタルパーマをしたのちに、後日、ご自宅でホームカラーをしたそうです。

それで傷んだと…

髪の毛は、アレルギー反応と同じようなもので、ある一定の水準を超えてくると、表面的に傷んでるのが見えてきてしまいます。

表面的に見えることで初めて多くの方が、「傷んできた!!」と認識します。

デジタルパーマだけだと、表面的なダメージが出るまでてはなかったのが、ホームカラーをしてことで水準を超えてしまい、

見た目や手触りに影響するレベルのダメージが出てしまいました。

バケツの水が溢れる

アレルギー反応が出る事の例えとして、よく【バケツに水を入れる】という説明があるのですが、髪の毛も同じようになります。

どういうことかと言うと、

人それぞれ大きさの違うバケツがあり、その中に水を入れていくといつか溢れます。

バケツがアレルギー反応が出ない器だとすると、水が溢れた時点でアレルギー反応を起こすと言うことです。

髪の毛の器がバケツだとして、施術よるダメージが水だとすると、

ダメージでいっぱいのバケツがあふれたことで、表面的に分かる範囲のダメージが出ると言うことです。

栄養補給をしたのち閉じ込める

もうダメージしてしまっとものをケアしていくしかないのですが、

髪の毛から流出してしまった栄養分を補い、徹底的に保湿していきます。

こうすることで硬くなった髪の毛を柔らかく、しなやかにし、手触りを向上させます。

after

ぱっと見、パサパサ感が無くなったと思います。

ここまで来れば日頃のケアを気をつけていくだけで、かなり髪質はよくなります。

よく勘違いされるのですが、

やって終わりだとすぐ元に戻ります。

傷むのは一瞬ですが、髪の毛を本当に綺麗にするのなら時間はかかります。

美容室でのケアだけでは、難しいのでホームケアを必ずやる必要があります。

また、正しいやり方を知る必要があります。

健康的で艶髪を目指すなら、髪の毛の正しいケアの知識も必要です。

Follow me!