「傷むから」と美容室で断られていた縮毛矯正。綺麗に伸ばすには?

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。
東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます
ご予約はLINE の方からがスムーズです。

今回のお客様は、

癖が気になっているけども、美容室で縮毛矯正を相談したところ、

「傷むからやめた方がいい。」

ということで、やりたくても髪の毛の為に、我慢していたそうです。

我慢できるなんて素晴らしいです!!

よく、傷むと分かってても、現状変えようとして、強行手段に出る人もいますが、

ダメージを受けてしまった髪の毛は、ある一定水準を超えてしまうと取り返しのつかないことになりますからね。

そうなると、癖伸ばすとかのレベルじゃ無くなりますから。

まずは癖を伸ばす

癖で髪の毛の見た目を損なう場合は、癖をとにかく伸ばさないと始まりません。

この辺を勘違いして、髪質改善をしたのに癖が伸びてないと思う方もいらっしゃいます。

髪質改善では癖が伸びないので、そりゃそうなんですが、この辺をキチンと説明しない美容室があるそうで、

お客様も他店で髪質改善をしたけど、洗ったら1〜2日で戻った!!って言ってましたし。

ダメージがある髪の毛での縮毛矯正は確かに、傷みが酷くなるのが心配ですが、

キチンと栄養補給をしてあげることで、それ以上悪くなる事は決してありません。

根元は癖はないのですが、中間部から癖が出てきてしまい、毛先はダメージでパサついてます。

中間の癖を伸ばしつつ、全体に栄養素を閉じ込めていきます。

仕上がり

どうでしょうか?

しっかりと癖も伸びて、艶も出たのが分かると思います。

まだ、毛先にはこれまでの施術履歴による、ダメージが取り切れてはいないので、

今後は髪の毛のケアを行なっていく予定です。

髪の毛のダメージが癖によるものであれば、先ずは癖を取る。

そこから、髪の毛のケアをしていく。

と、いう流れでやると、髪質改善はとても効果的です。

Follow me!