髪の毛の色の年齢による変化。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。
東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます
ご予約はLINE の方からがスムーズです。

皆さんご存知の通り、年取ってくると白髪が生えてきますよね?

でも、若白髪っといって若い人でも白髪がある方もいますよね?これってどういうこと?

 

美容師さんごとに言ってることが曖昧なので、白髪って食べ物で治るとか、体に悪いもの食べてると白髪になると本気で思ってる方もいます。

はっきり言うと、食べ物で治りませんし、髪の毛が白髪なることもありません(笑)

 

白髪に関する知識って、割と間違ったままの方が多いので、しっかりとした知識を学んでいただけたらと思います。

 

毛の母と書いて毛母(モウボ)というとこのメラノサイト色を作る

髪の毛の色は、髪の組織の一部である毛母のという所に存在している、メラノサイト(毛母メラノサイト)というところがつくるメラニン顆粒のためです。

 

メラニン顆粒に含まれてるメラニン色素の量で、多い順に、黒髪→褐色髪→金髪→銀髪(グレー)と毛色が決まります。

そんで、まったくメラニン顆粒がない場合に白髪になります。

 

年齢による変化

髪の毛の色は個人差はありますが、子供のころは基本やや薄い黒髪です。(たまに赤ちゃんでも黒々してる子いるけで・・・。)

思春期に黒髪になります。身も心も黒くなっていくってことですね。

人によりますが、だたいは中年から白髪が混じるようになってきて、高齢になると全体が白髪になります。

 

早い人で子供の頃から白髪が混じっていて、20代でかなり多くなり、【若白髪】と言われたりします。

 

白髪のメカニズム

髪の毛の母(毛母)がちょっずつ疲れてくることから始まります。

毎日、家事や子育てに疲れえ来ると?髪の毛の毛母メラノサイトが働きたくねー!!っていって機能が低下してくるのです。

最悪、家出してしまう(笑)

「もうやってけんわっっ!!」

ってなって、居なくなるのです。

 

髪の毛は生え変わるのですが、新しい嫁(髪)がきてもそいつらは家事とかしなくなるのです。

 

真面目な話、毛母メラノサイトの働きや寿命は遺伝的に決まってます

 

健康な状態でも年齢とともに消失していきます。

 

日本人の場合、年取ってグレーヘアーになると、黒い毛が白髪になる段階で、メラニン色素の生産が不安定になるため、褐色になったり、黒い部分と白い部分が繰り返したりする毛も多少見つけられたりします。

 

年齢による髪色の変化は防ぐすべはなし

髪の毛年齢による色の変化は、食事やストレスの影響をうけません。

ですが、かなり悪い栄養状態、貧血などが続くと、毛の色が薄くなる事があります。

だからと言って、海藻類やサプリメントを摂取したりすると防げるということはありません。

 

今のところ、カラーリングしか方法がありません。

黒髪では、強い日光に長時間当たる、塩素が入ったプールに繰り返し入るとかだと、脱色されて髪色が明るくなることがあります。

ですが、これらは髪の毛の中のメラニン顆粒の色素が薄くなるだけで、毛母メラノサイトの働きとは無関係です。

 

という事で、

 

年齢による髪の毛の色の変化は遺伝

 

という事です。

 

歳とっても黒髪の人は、本人の努力とかは全く無関係で、親から受け継がれただけだという事です。

なので、食生活やライフスタイルで白髪になってないのよ!!って自慢してきたら、

「別にあんたの努力とは全く関係ないんだよ。」

っていってやりましょう(笑)

「特別何もしてないのよ~」

って、言われるの嫌味でも何でもなく、本当にそうだったという事です。

Follow me!