ヘナカラーの独特な質感を髪質改善で柔らかくする。

皆さん、ヘナカラーというカラーリングの染料はご存知でしょうか?

こちらに以前ヘナについて書いたので、ヘナに興味のある方はどうぞ。

ヘナについて

Before

縮毛矯正がかかっているので、Beforeの状態で何もしていな状態でも真っ直ぐでサラサラです。

さすがヘナ!!

ヘナ最高!!

※当店では扱ってません(笑)

素材DATA

  • 髪質 硬め
  • 量 多め
  • 癖 根元に出てきてる
  • 履歴 ヘナカラー後
  • 施術内容 髪質頭皮改善トリートメントヘッドスパ

ただ、髪の毛がしっかりとしてるので、若干ですが毛が硬いです。

ヘナ独特のものによるのですが、質感を柔らかくしたり、手触りを滑らかにするにはやはりトリートメントが必須になってきます。

ヘナは、髪の毛が傷むと出来る穴ボコ(ダメージホールという)に付着する事で、その穴埋めをしてくれるので、髪質改善という観点で言うととてもいいのですが、

髪の毛内部にはいいのですが、手触りや質感の外側があまり頂けないので、外側の役割をするトリートメントで表面のケアをしていきます。

髪の毛は、

内側=コルテックス

外側=キューティクル

という名称で呼ぶことがほとんどです。

今回はトリートメントでキューティクルのケアをしていきます。

キューティクルケアをすることで、具体的に艶や手触り、枝毛の予防にもなります。

after

毛先のパサつきが収まったのがお分かり頂けるでしょうか?

硬くなったしまい毛先が広がりパサつくのは、表面のキューティクルがとても関係してきます。

枝毛も抑えてる艶も出てきました。

ハリコシもヘナで出るし、艶々で手触りも最高となれば言う事なしですね。

髪の毛が硬いかな?っと感じたら質感を柔らかく。

逆に柔らかくてペッタン子!!と悩んだらハリやコシを出す。

そんな風に髪質を改善してみるのも楽しいですね。

今、髪の毛がどんな状態でも髪質は変えることが誰でも出来ますので、諦める前に色々試してみるのも良いと思います。

Follow me!