髪にハリコシを与える質感縮毛矯正

白髪と髪の毛のウネリ(特に生え際)に悩んでる事例になります。

 

 

白髪が生えてきた時に最も気になる箇所は、

【生え際】

になります。

 

なぜか?

 

理由は、「自分でも見えるから」です。

 

そして、生え際を頻繁に染める事で、生え際は硬くなりやすく、産毛が増えやすくなります。

結果、うねりやすくなると言う…。

 

 

 

Before

 

生え際なんですが、お顔は映せないので後ろ姿になります。

 

生え際の要望でしたが、全体的にも大きなウネリが出ていたので、カウンセリングの結果、全体に質感縮毛矯正をやることに。

 

その後、カラーリングをしました。

 

本来なら、縮毛矯正とカラーの同時施術は基本的にはやってないのですが、

今回はリタッチということと、色も変えないとの事でしたので、色味が深く沈む可能性がないので、同時施術をしました。

 

 

もし、矯正とカラーの同時施術をお考えの方は、遠慮なくご相談くださいね。

 

 

素材DATA

・髪質 癖毛

・状態 パサつき 乾燥 ウネリ 白髪

・履歴 生え際矯正 白髪染め

・施術 質感縮毛矯正 カラー

 

 

他店の美容室で縮毛矯正をしている場合、毛先に履歴が残ってると、そこには薬は付けないで根本のみ矯正をするのがセオリーです。

 

なのですが、

毛先がパサついて、矯正があるから傷んでるように見える場合や、

取れてきてしまい、癖が出てきたのなら毛先まで縮毛矯正をしちゃいます。

 

 

そんなことしたら傷むのでは??

と思われるかと思いますが、大丈夫です。

 

前後の栄養素を入れたり、熱処理の温度やアイロン操作などで髪は生まれ変わります。

 

逆に根元だけ綺麗で毛先だけパサパサのままだと、かえって毛先のダメージは目立ちますし。

可能な限りは毛先までかけたほうが仕上がりは綺麗です。

 

 

after

 

 

ドライヤーで乾かしただけでここまで綺麗になります。

もちろん手櫛オンリーです。

 

 

 

 

 

 

根元も綺麗に染まりました。

 

ご要望として、縮毛矯正をするとペッタンってなるのが嫌だったとのことですが、髪の毛の中身が栄養で詰まる事で、ハリコシが出ます。

 

 

髪に真が出来たような髪質になります。

 

 

髪質にハリコシを出したい方、是非ご相談ください。

 

Follow me!