「冬の乾燥で髪が摩擦で絡まる。」お客様の事例

はい、今回は冬の乾燥により、髪の毛が絡まって絡まって、どうしようも無いお客様の事例です。

こういったお悩みを抱えてる方は結構多くて、髪質的には細い方が多いです。そして癖毛。

癖毛はストレートと違って髪がうねっているので、髪の毛全部が同じ方向でうねる訳ではないので、一本一本がうねる為、絡まりやすくなります。

細毛だとよけい絡まりやすく、特に細い襟足の毛などは冬場の乾燥により切れやすくなったりします。

before

はい、という事でビフォーの確認です。

若干髪色は明るく見えますが地毛です。

髪の毛が細くて猫毛の方は、地毛の色が明るい傾向にありますねー。

アホ毛などがわりと出やすく、表面にぱや毛が起こりやすいです。

髪質DATA

  • 髪質…柔らかい猫っ毛
  • 癖…あり
  • 量…少ない
  • 履歴…カット+トリートメント
  • 施術内容…髪質改善(カット+トリートメント)

毛先がひっかかってしまい、毛が切れ毛になっているので、5センチほどカットをし、物理的に引っかかるところを切って整えあります。

切れ毛になってしまってる毛は、トリートメントで整えていってもいいのですが、

ある程度のカットをし、整えていこうというお客様との方向性のもと、進めていきました。

after

艶々のまとまり髪へとなりました♪

後は、ご自宅でのケア方法としてオススメなのがナイトキャップや、枕カバーをシルクに変えてしまう方法です。

これなら、寝てる間に襟足が擦れて切れてしまうことを防げるので、冬場の間だけでもやる事を推奨します。(夏場にナイトキャップやると蒸れて気持ち悪いので要注意)

Follow me!