ブリーチ毛に縮毛矯正。髪質改善だけでは癖は伸びきらない。

こんにちは。髪質改善専門店の代表の市川優です。

東京都中央区日本橋小伝馬町駅エリアでaltemaという、髪質改善のみを極めて、拘りまくったケア専門の美容室やってます

ご予約はLINE の方からがスムーズです。

「ブリーチをした髪の毛に髪質改善はかけれますか?」

先日このような問い合わせがありました。

髪質改善自体はどんな髪の毛の状態でも出来るのですが、

僕はここで少し違和感がありました。

どういう事かと言いますと、

「髪質改善をかけれますか?」

という意味が知りたくなり、突っ込んで聞いてみると、

「髪の毛の癖があるので過去に縮毛矯正を繰り返していたのですが、ブリーチをしてしまったので、縮毛矯正だと傷むから髪質改善で癖を伸ばしたい。」

という事でした。

髪質改善では癖は伸びきらないです。

癖が気になる場合は髪質改善では癖は伸びきらないです。

あくまでダメージによって起きた髪の毛のうねりなら髪質改善でおさまりますが、癖が原因の場合は収まりは改善されません。

その場合、質感縮毛矯正をオススメしております。

癖が気になるし、髪の毛もダメージが気になるとの事で、1度髪質を見させて頂くことに。

癖を伸ばすなら縮毛矯正(質感縮毛矯正)

根元の癖があり、髪の毛が浮きやすい状態です。

髪の毛の状態を確認

色が統一されてるので分かりにくいですが、耳下からブリーチ毛です。

髪質改善トリートメントのみでも綺麗にはなるのですが、根元のバージン毛の癖は伸びきらないので、

根元は縮毛矯正の薬を、毛先は髪質改善トリートメントという組み合わせで【質感縮毛矯正】を施術しました。

毛先の広がりは癖ではなく、縮毛矯正の髪の毛の上からブリーチをしてしまった結果、広がり、乾燥が目立ってる状態です。

このように髪の毛の中でも、根本から毛先まで同じ薬を均一に塗布してしまうと余計傷んだり、思ったような結果がでないので、施術前の毛髪診断は慎重に見極めております。

かなりしつこく髪の毛の履歴について聞いていきます。

ルパン逮捕を頑張る銭形警部なみにしつこいです。(笑)

仕上がり

まず、髪の毛の根本的な原因が癖ならば、癖を取る必要があります。

確かにもともとダメージがある場合に、縮毛矯正をやるのはかなりリスクがあり、やめといた方が無難です。

無難ですが、今回のケースは根元の癖の部分にはブリーチの履歴が無いため、癖は伸ばせるのです。

毛先には縮毛矯正の薬はつけておりません。(髪の毛が耐えられそうにもないので)

このように、髪の毛の状態に応じて、施術方法、薬の使い分けなどを徹底的に見直しております。

ダメージもあり、癖にも悩んでる。

そんなお悩みの方、是非一度ご相談下さいませ。

Follow me!