癖でまとまりが悪い髪質を柔らかい質感へ改善

癖で広がり、手触りが悪い

よくあるのですが、毛量が多くてまとまらないと言う悩み。

そこで安易に毛量を減らして悩みを解決しようと、余計にパサついて見えてしまい、まとまりが悪くなる可能性があります。

そこで縮毛矯正です。

縮毛矯正って聞くと、髪の毛が傷むのでは?とダメージを懸念して縮毛矯正をやらないという選択をする方もいますが、それはやり方次第です。

質感を矯正する様に癖を伸ばしていけば、ここまで髪は綺麗になります。

先に仕上げを見せると言う強気な感じです。

どんな風に変わったのかが気になりますか?

beforeはこちらです。

もともと癖毛というのもありますが、毛量が多いのでは?って事で髪を軽くしてあるそうで、

毛先を何も考えずに軽くしすぎてしまうことで、毛先は暴れ回っております。

将軍なのに暴れん坊な、松平健ばりの暴れん坊ぶりです。

ダメージやが多くて広がっているのではない。実は癖で広がってるだけ。

「髪の毛ダメージが酷いからトリートメントをしている」

「毛量が多くて気になるからたくさんすいてもらってる」

これらのことを、素人考えで判断すると非常に危険です。

なぜなら、原因が違う事がほとんどだから。

そもそもが,広がるのが気になるからトリートメントやカットでどうにかしようとしているのに対して、解決していないからです。

トリートメントやカットをしてるのに問題が解消したいのなら、トリートメントやカットでどうこうなる問題ではないんではないかい?って事ですね。

ダメージを解消すればおさまるのでは?

で、トリートメントを頑張るけど…

じゃあカットでどうにかしようとするけど…

治らない。

とすればそれは髪質の問題です。

髪質を改善しない事には、広がりやパサつきは治らないので、【縮毛矯正】一択になります。

縮毛矯正をやる手順を考えてやる

傷まない縮毛矯正やら、ダメージレスなど色んな縮毛矯正がありますが、

僕に言わせればそんな物はどうでもいい事です(笑)

癖が綺麗に伸びて髪が極力傷まなければ,薬剤が強かろうが全然使っても問題無しです。

もう一回beforeの写真を見て頂きたいのですが、

根本ってそんなに癖がないのが分かりますか?

この赤丸で囲ってある部分

大体の髪は、癖は根本が強くて、毛先が縮毛矯正の履歴とか残ってて癖が無いパターンが多いのですが、

このお方は、毛先の方が癖があり根本がほとんどないというとても珍しくパターンの持ち主。

って事は、根本はやらないorパワーの弱い薬剤を使う

毛先はパワフルな薬剤を使うと言う事です。

もしくは毛先から付けていけば時間差で根本にそこまで薬液を置かなくても良いと言うこと。

毛先の質感を矯正していくと

しつこいですが(笑)

こう言う感じになります。

根本は極力緩く、毛先に行くに従って強く縮毛矯正を使い分けてやった結果です。

ですけども、毛先に柔らかさがでております。

「癖や髪の量でまとまりが悪い」

そんな風に思ってる方、実は癖なのかも知れません。

そんな時はあれこれ試す前に一度、質感を矯正してみようかな?と参考に考えて頂けると幸いです。

Follow me!