毛がきしむなら、シリコンを付けよう

皆さんこんばんは。

この記事を書いてる時間は深夜になるので、こんばんは、とご挨拶をさせて頂きます。

ところで、よくメールなどで取引先の方とやり取りをしていると、冒頭に

「お世話になっております。」

って、必ずって言っていいほど、毎回「お世話になっております。」って付けてくる人がいますが、あれ変なループに入っちゃってません?

「お世話になっております!!」に返信する時も、「いつもありがとうございます」って、やめ時が分からなくて、

なんか、リンゴ♪ゴリラ♪ラッパ♪パセリ♪って歌ってる芸人さんを思い出します。

はい、そんな事はどうでもよくて、今回は髪がきしむというお悩みのお客様の事例になります。

before

現時点では髪の毛を伸ばしてるらしく、将来的にヘアドネーションをするそうで、だったら髪を綺麗にしていこうかな?と考えたそうです。

素晴らしいですね!

ガッツリ切る時はヘアドネーションを良いかもしれません。(うちはやってないけど)

人にあげる時に、綺麗な状態にしてからあげるなんて、その心意気が良いです。

ヤフオクとかでいらねー物を転売してる人に、出来るだけ綺麗な状態にしてから売ってくれ!!と言いたい。

安いから汚くても良いでしょ!!みたいなスタンスだから売れねーのよ。それじゃあ魅力的じゃないのよ。わかる??

髪質DATA

  • 髪質…細毛
  • 毛量…多め
  • 履歴…カラー
  • 施術内容…カット+トリートメント
  • 悩み…毛がきしむ

髪の毛を伸ばしてる最中ということもあり、長さは切らずに、枝毛を切っていき、髪の見え方が綺麗に見えるように表面が整うようにカットしてみました。

そして、お悩みであるように毛がきしむのが悩みとのことで、

頭皮もシャンプーとかで痒くなりやすいらしく、洗浄力を抑えるために、ノンシリコン系のシャンプーを使っていたそうですが、

それは大きな間違えです。

ノンシリコンやオーガニックなどと言われてるシャンプーは、洗浄力が優しいイメージがありますが、洗浄力が優しいのであれば、髪がきしむなんて事は無いのです。

でも実際に髪がきしむのなら、そのシャンプーを変えれば済むことです。

髪がシャンプーするときしむ原因は、シャンプー時にキューティクルが開いてしまい、摩擦でキューティクル同士が引っかかるからきしみます。

ですので、キューティクルを閉じればいいのですが、シリコン配合シャンプーやトリートメントを使えばいいのです。

シリコン=悪 みたいな考えの人もいますが、別にシリコンって、悪くはないですよ。過剰に入ってるのがいけないだけです。

ですが、シャンプーやトリートメントなんて物は、その配合量がどのくらい入ってるのか?なんて物は作り手しか分からないもので、

〇〇が入ってるから良い!とか悪いとかは一概には言えない物です。シャンプーは髪質に合わせてなんです。

キューティクルが開くから髪がきしむので、シリコン配合でやればきしむが減ります。

そして、毎日のシャンプーで落ちるだけのシリコンを髪につければ、髪の毛がシャンプーやトリートメントで傷むなんてことは無くなります。

ビビらずにジメチコン配合とか付けとけばいいのです。

after

手櫛で乾かした状態ですが、髪がまとまり表面のパヤパヤしてる毛が無くなりました。

あとはこの状態を出来るだけ維持するように、自宅でシリコン配合のシャンプーやトリートメント、アウトバストリートメントしていけると良いです。

Follow me!